虹色のハイビスカス

電子工作や電気製品に関するblogです。 電子機器の自作、電気製品の修理などなど..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引っ越します

突然ですが、ブログを引っ越します!


引っ越し先は...

虹色のハイビスカス

となります。

内容は今までと変わりません。

皆様、引っ越し先へもどうぞ遊びに来て下さい。

こちらのブログは当面、このまま残しておきます。



スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

このブログについて

当面、この記事をトップに載せます。日々の更新はこの記事の下にあります

このブログは、電子工作、オーディオ機器の修理についてのブログです。

電子工作やオーディオ機器の修理が広く趣味として世の中の人に知られるように、その楽しみや苦しみ(?)を記していくというのが、このブログの趣旨です。

自らの手で電子工作を行うからといって、既存の電化製品などを否定するものではありません。

また、主にオーディオ製品の修理について多く触れますが、これもメーカーや専門業者による修理を否定するものではありません。
また、必ずしも自分で修理する事を勧めるものでもありません。

繰り返しますが、こういった趣味がある事を世の中に知って頂く事、楽しいと分かって頂く事がこのブログの趣旨です。

修理の方法を事細かに伝える目的でブログを記しておりません、また、当方、人様にそのような事をきちんとお伝えする技術も持っておりません。

ご自分でメーカー製品の修理をされる方に...

修理後、実用的に製品をお使いになりたいとお考えなら、まだ、メーカーの公式サービスを受けることができる製品でしたら、メーカーのサービスを受ける事をお勧めします。
修理作業には、感電などのリスクがあります。また、不適切な修理は、機器の発火、発煙、部品が破裂するなどのトラブルにつながる恐れがあります。

また、メーカーは一度ユーザーが内部に手を入れた製品の修理を受け付けない可能性があります。
その点からも、メーカーでサービスが受けられる製品は、公式サービスを受ける事をお勧めします。

テーマ:電子工作・電気関係工作 - ジャンル:趣味・実用

RX-202 その2

RX-202 その2 です。

入手したRX-202ですが、とりあえずテープが全く回りません。

再生も、早送りも、巻き戻しもどれもダメです。

アイドラの部分はちょっと無理目の、ややマージンが少ない設計なのかな~ そんな気がします。

他の人の分解写真を見てみると、アイドラーではなくギヤでリール台を回転させている個体もあるようです。
途中で変更されたのでしょうか。
それとも修理対応でしょうか。

まずは、テープが回るようにしないと..

2010-12-16a.jpg

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

RX-202 その1

ついに、ナカミチです。

ナカミチのカセットデッキは結構な値段が付いていますね、ジャンクでも。

しかし、このRX-202は下位機種のため比較的お手頃..下位機種とはいえ、定価では10万円以上しました。

RX-303とか、ましてや505なんてジャンクでも買えません。
いいんです「くるりんぱ」が楽しいんですから。

2010-12-14A.jpg

ご存じ無い方のために書きますと、このカセットデッキはオートリバースデッキです。
実は、このブログでオートリバース機が出たのも初めてです(カセットデッキでは)

普通、オートリバース機はヘッドが180度回転して、オートリバース機能を実現しているのですが、この機械はテープの方を回します。

オートリバースではないカセットデッキは、人間が手でテープをひっくり返しますよね?
その作業を、機械で行うということです。思考的には大変シンプル!
誰でも考える事なのですが、実現させたデッキは極めて少ないです。

蓋をあけると、中はこんな感じになってます。
結構、ごちゃごちゃしてるな~って感じです。
組み立て大変そう~

2010-12-15A.jpg

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

KX-1000 その3

KX-1000 その3

だいたい整備が終わりました。

ヘッドも何とかするといいな..と思ったのですが、現状でもまずまずの特性が出ているということで、依頼人の要望もあって今回は清掃のみです。

結局、ノーマルテープ -20dBで 20kHZは-4dB程度となりました。

行った作業を挙げると...

・キャプスタンベルトの交換
・アイドラの清掃、調整
・テンションベルト清掃
・各部グリスアップ
・ピンチローラー清掃
・各ボリューム分解清掃
・ヘッド清掃
・モードスイッチ接点清掃
・テープタイプ検出スイッチ接点清掃

と、ここまで。
自分のだったら、徹底的にやったかも?

音は、クリアで無色透明って印象を持ちました。高音も素直にすっと伸びてます。
ただ、少しソースに比べるときらびやかさが加わります。
でも、きつさは無いですね、前回のエクセリアとはこのあたりかな。
馬力は感じないです。

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。